東京都台東区浅草橋2-2-3 大島ビル1F
03-5809-3024
営業時間 9:00~14:30(土日午前のみ) 16:00~19:30 休診日 木・祝(詳しくはお知らせをご確認ください)

機能予防医学

機能予防医学

こんにちは

隠れスタッフの春日が

皆さんの為になる情報をお届けしたいと思います(´∀`)✨

今回は少し硬く難しいお話かもしれません💦

機能運動医学と言う言葉を聞いた事はありますか?

体を痛みや見た目の状況ではなく機能性、運動性から分析して治療、予防を行う医学です。

機能障害 として、体がどれだけ柔らかいか、伸びるかではな く、支える力の不足 (安定性の欠如)や左右差が原因で壊れることが多いです。

痛みが起こった時は、何から起きているのかを知ることが大事で、腰痛のほとんどは機能障害に起因しています。

機能障害とは、悪い姿勢だと故障しやすいということで、急性の激しい痛み以外は動いた方が楽になります。

運動機関は、動きをだす機能と安定させる機能に大きく分かれ、例えば、股関節は、動 くことが主な仕事です。 もし股関節が動かなければ、他の部位が動かなければなりません。

そのせいで隣の膝や腰の関節に負担がかか ります。腰まわりは安定させるのが仕事です。殿部の筋肉が弱い人は背中が丸まってきます。すると背中の関節が動かず、その分、腰が働か されます。上半身と下半身の強さは両方とも腰に影響 します。

昔と違 って足を組んだほうが楽になってきたのは腰まわりの筋肉が衰 えているサインです。両足を同じ位置に維持できないので、足を組むことで腰の一部を体 ませているのです。

体の柔らかい人は、筋肉が伸びるように思います。真皮、筋膜、関節の総合得点で柔軟性は決まりますし、体の柔らかさは筋肉よ り関節の動き方が大事です。例えば、股関節 自体が変形してしまえば、筋肉がどれだけ伸びても、絶対に180° 開脚できません。

普段通りの生活をしても「なんとなくカラダがだるい」「最近、体力が落ちたな」 と感じることが機能運動性の衰 えているサインです。そして機能運動性の最低下は「寝たき り」です。

寝たきりにならない様にそして体力の衰えを感じ始めたら運動し、未病を防ぎましょう!

分からない事や気になる事が

ありましたらお気軽にお話し下さいね(^^)✨

当院では姿勢検査・分析結果で

根本的な原因に色んな角度で

アプローチを行ってます。

全身の歪み、骨盤の歪みズレを

ケアすることにより人間本来が

持っている力を最大限に引き出します。

骨盤矯正をすることで、姿勢や、スタイルに関係し、ダイエットにも効果的✨

■□1人1人の症状に

合わせたオールインワン施術!□■

ーーーーーーーーーーーーー

平日/夜19:30まで受付可!

土/日14:30時まで受付可!

駅チカ!浅草橋駅から徒歩5分!

国家資格資格者

ーーーーーーーーーーーーー